平野区喜連環濠地区は懐かしの昔へタイムスリップ!大阪あそ歩・2015-10-1まち歩き参加

難波へ!伎人たちは大海原を越えて、との募集見出しに意味も分からぬまま参加スタンプ

環濠のイラスト


喜連 なんと読むのでしょうか。きれと読むのです。

その昔、渡来人の里「伎人郷(くれひとのさと)」と呼ばれた喜連環濠地区を歩いてみました。
ガイドの橋本さんを中心に各所で詳しい説明をしてくれました。とても熱く語ってくれました。感激。

あいにくの小雨が降る中、参加者数名とガイドさん数名とが狭い地域を歩いては説明。
説明しては歩く。

力の入れようが違います。マニュアル通りの解説とは違い、喜連を愛する郷土愛が満ち溢れていました。

参加コース行程

喜連の民家、寺院、地地蔵、環濠を少し急ぎ足で巡りました。

地下鉄(谷町線)・喜連瓜破駅~喜連環濠集落まち歩きスタート~1:南口地蔵~5:馬倉地蔵~7:東口地蔵~9:尻矢口地蔵~11:楯原神社~12:如願寺~14:北口地蔵~15:西口地蔵~16:お姫さんの井戸~(最寄り駅:地下鉄・喜連瓜破駅)

喜連環濠地区の詳しい内容は関連するHPをご覧ください

喜連環濠集落まち歩き、いい経験になりました。
しかし現在の喜連環濠は全て埋め立てられ道路になっています。
関連するHPなどを参考に訪れてみてはいかがでしょうか。

1945年〜1950年撮影の空中写真

1945年〜1950年撮影の空中写真
戦後すぐの空中写真です。青線が今回歩いたコースのGPS軌跡です。

地理院地図

今回歩いたコースのGPS軌跡です。
マーカークリックで場所名が表示されます。

明治の地図から

明治31年の喜連村の地図です。地図から濠らしき?表記が確認出来ます。
周りは田んぼに囲まれていますが、今は周辺に建物がびっしり。地下鉄も通っています。
でも中心部分は変わっていません。

今後も喜連環濠集落の形態は維持し続けて欲しいものです。

喜連地域のYouTubeがありました。


今回のまち歩きの感想などは「まち歩きブログ2015-10-1」を見てくださいね。